試合に勝てる少年剣道練習法

小学生・中学生の剣道練習法

体が小さくても、身体能力が高くなくても子供達を今よりも、
強い剣士に育てる方法があります。

 

それは、小学生・中学生を強い少年剣士に育てる方法です。

 

⇒ 小学生・中学生の剣道練習法

剣道の腕前がグングン伸びる3つの理由

小学生・中学生の剣道練習法が、子ども達の能力を成長させる上で有効なのには
主に3つの理由があります。

 

少年剣道 技の出し方

少年剣道テクニックは体格や身体能力の差を埋める事が出来ます。

 

大人の試合を思い出して下さい。

 

身長や体格が劣っていても、仮に段位が低くても
体当たりで決して負けない剣士を見かけたことはありませんか?

 

これは、少年剣道においても同じ事です。

 

どれだけ体格や身体能力が劣っていたとしても、技の出し方一つで
相手から一本を取る事は充分に可能なのです。

 

体格差や、身体能力差が大きい少年期において、技の出し方は、
子供達が試合で活躍する上でとても重要な事なのです。

 

俊敏な体と集中力を鍛える

運動神経は少年期に育ちます。

 

ひたすら素振りや切り返し等の稽古を繰り返すだけでなく、
剣道センスの基盤となる敏捷性、バランス感覚等の剣道に必要な運動神経を、
稽古を通じ楽しみながらグングン育てる事が出来るのです。

 

ここで養われる運動神経は、今後、子供達がどのようなスポーツに進んでも
役立つものとなります。

 

試合に勝てる喜びを持たせる

最も重要なポイントです。

 

少年剣道稽古は取り組み方次第で、楽しみながら
子供達の“自主性”、“発想力”や“モチベーション”を育てる事が出来るからです。

 

個人の成長を目指した少年剣道の上達法は、

 


「どうすれば、もっと相手のスキを逃さず勝てるのか?」
「どうすれば、もっと有効打突を決められるようになるのか?」

 

 

など、子供達に頭と感性を使う機会をたくさん与えます。

 

この考える機会が、子供達の「自主性」と「他の子には無い発想力」を
グングン育てるのです。

 

そして、自らのひらめきや発想により実際の試合に変化や結果が出た時、
子供達はこれまでにない達成感と喜びを得ます。

 

「試合に勝てる」「強くなれる!」この感覚と喜びは、
子供達に更なるやる気をもたらします。

 

強くなりたいから「頑張れる」のです。

 

剣道に対する興味を更に高め、上達する事に自らどん欲にさせれば、
子供達は放っておいてもグングン成長する事になります。

少年剣道 基礎を徹底的に伸ばす

今日明日の結果よりも、子供達の将来を見据え、
“基礎を徹底的に伸ばす”事の方が重要です。

 

剣道を始めたばかりの少年でも、
無理なく取り組め、さらに充分な効果が期待できます。

 

⇒ 小学生・中学生の剣道練習法