試合に勝てる少年剣道練習法

小学生・中学生の剣道練習法

体が小さくても、身体能力が高くなくても子供達を今よりも、
強い剣士に育てる方法があります。

 

それは、小学生・中学生を強い少年剣士に育てる方法です。

 

⇒ 小学生・中学生の剣道練習法

試合に勝てる少年剣道練習法

小学生・中学生の剣道練習法

 

 

「一生懸命稽古しているのに・・・」
「皆と同じ稽古内容をこなしているのに・・・」
「いつも試合に負け、剣道が嫌いになってしまいそう・・・」

 

お子さんの稽古や試合を観た時…
あなたも、このように思った事はありませんか?

 

小学生・中学生剣道の場合は、体の大きさや上半身の筋力、下半身の力等の身体能力が
上達の勝敗を大きく分けてしまう特徴があります。

 

特に、鍔迫り合いなど、試合での攻防では、体の大きさがモノを言うことがあります。

 

だからこそ、どれだけお子さんが頑張っていても、
悔しい思いをさせてしまう事は避けられません。

 

体格や生まれ持っての身体能力は、上には上がいるものです。

 

しかし、ご安心ください。

 

体が小さくても、身体能力が高くなくても
お子さんを今よりも、強い剣士に育てる方法があります。

 

今よりも、試合で一本をとれるようにさせる事が出来ます。

 

 

小学生剣道,少年剣道,小学生,中学生,少年剣士,自主練習,自主練,自宅練習,練習法,上達法,剣道上達法,上達,テクニック,稽古法,試合に勝てる

 

 

この少年剣道上達プログラムの内容にしっかり取り組めば、
本来、お子さんが持っている個性をグングン伸ばし、
他の子には無い剣道テクニックを身に付けさせる事が出来ます。

 

怒鳴りつけたり、厳しい稽古を課する必要は一切ありません。
他の子より運動神経が劣っていても、心配する必要はありません。

 

今回の稽古法で、お子さんが楽しみながら成長する姿を一緒に見守って行きましょう!

少年剣道 基礎を徹底的に伸ばす

今日明日の結果よりも、子供達の将来を見据え、
“基礎を徹底的に伸ばす”事の方が重要です。

 

剣道を始めたばかりの少年でも、
無理なく取り組め、さらに充分な効果が期待できます。

 

⇒ 小学生・中学生の剣道練習法